HULFT IoT × Raspberry Pi (ラズベリーパイ)ではじめるIoT その③ ~HULFT IoTのインストール~

OrangeLab. 運営チーム
作成日時: - 更新日時:
Avatar

第3回では、画像転送に用いるHULFT IoT のセットアップを行います。

 前回記事:

 第1回 HULFT IoT × Raspberry Pi (ラズベリーパイ)ではじめるIoT その①

 第2回 HULFT IoT × Raspberry Pi (ラズベリーパイ)ではじめるIoT その②

 

【HULFT IoT】とは

安全、確実な「HULFT」品質をそのまま、IoTシステムの連携に特化した製品です
詳細につきましては以下のリンクをご参照ください。
https://www.hulft.com/software/hulft-iot

製品版および評価版・マニュアルおよびプロダクトキーの発行につきましては
以下のリンクからご入手ください。 (※myHULFTリンク / 要アカウント登録)
http://www.hulft.com/download

セットアップ手順

HULFT IoT のセットアップ手順は以下の通りです。

  1. HULFT IoT Managerをインストールする
  2. Raspberry Pi へHULFT IoT Agentをインストールする

使用環境

ソフトウェア バージョン OS フォルダ・ディレクトリ構成
HULFT IoT Agent Version.1.5.0

Raspbian ※

/home/monitor/data

HULFT IoT Manager Version.1.5.0 Windows  C:\monitor/data


※使用ソフトウェア
Raspberry Pi3はHULFT IoT動作保証外です。正規にご利用いただく際は、HULFT IoT Readyに記載されている機器でお試しください。

ISOを用意する

下記リンクからVersion1.5.0のHULFT IoT モジュールを用意します。

http://www.hulft.com/download

インストールモジュールの取得

取得したISOモジュールの中から、Manager実行環境に合わせたインストールモジュールおよびRaspberry Piインストール用モジュールを取り出します。

seihin090-03_01a.png

Manager

導入環境に合わせ、Magnager/ 以下のどちらかのモジュールをご選択下さい。

seihin090-03_02a.png

Agent

Agentは以下のモジュールを使用します。

Agent/HULFT_IoT_Agent_Linux_AArch32_V150.tar.gz

 

下記のインストール手順に不明点等ございましたら、Manual/jpn/ 以下のManual(インストレーションガイドをご参照下さい。

 

HULFT IoT Managerをインストールする

インストールの実行

解凍・展開したモジュール直下の「install.exe (Linux版であればinstall.sh)」を実行し、インストーラに沿って進めて下さい。

インストール完了後、ブラウザからManagerに接続してください。(デフォルト:http://localhost:8765)

 

アクティベーションキー

ライセンス > エージェント より アクティベーションキーを確認しておきます。

seihin090-03_03a.png

HULFT IoT Agentをインストールする

下記手順にて、Raspberry PiにHULFT IoT Agent を導入します。

導入手順

  1. AgentモジュールをRaspberry Piへ転送する 
  2. 任意のフォルダでAgentモジュールを展開する
  3. インストールに必要な環境を設定する
  4. インストール実行
  5. 導入済みManagerの画面からAgentが登録(アクティベーション)されていることを確認する

1. AgentモジュールをRaspberry Piへ転送する

FTP等を使い、Raspberry PiへAgentモジュールを転送します。

2. 任意のフォルダでAgentモジュールを展開する

下記コマンドにてモジュールを展開します。

tar zxf HULFT_IoT_Agent_Linux_AArch32_V150.tar.gz

展開後、展開先のディレクトリに移動しておきます

cd iot_agent/

3. インストールに必要な環境を設定する

Manager導入環境へ、ホスト名を用いて通信が行えるようにします。

/etc/hosts ファイル等に Manager環境情報をご登録下さい。

seihin090-03_04a.png

 

4. インストール実行

インストール方法は2種類あり、管理者権限(root)で実行していただく必要があります。

インストール方法1:インストール設定ファイル(huliotsetup.ini)に必要な情報を設定し、インストーラを実行する。 

seihin090-03_07a.png

インストール方法2:インストーラ実行時に必要な値を引数として実行する。

sudo ./huliotsetup --server 「ホスト名」 --key 「アクティベーションキー」

5. 導入済みManagerの画面からAgentが登録(アクティベーション)されていることを確認する

seihin090-03_09a.PNG

 

以上でHULFT IoT のセットアップが完了となります。

これで、MangaerからAgentの管理が可能になりました。

次回はRaspberry Pi上で監視カメラを作成します!

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント