実践!データ変換〔固定長⇒CSV データ変換編〕

OrangeLab. 運営チーム
作成日時: - 更新日時:
Avatar

使用ソフトウェア:DataMagic Server for Windows Ver.3.0.0
「DataMagic」のデータ変換機能についてご紹介します。
※Ver.2.2.2のDataMagicについては、次の記事をご参照ください。
 (記事内容に大きな差異はありません。
      Ver.3.0.0のインタフェースに沿った操作手順とスクリーンショットにて、再度ご紹介しています。)
DataMagic 実践!データ変換〔固定長⇒CSV データ変換編〕 (Ver.2.2.2)

はじめに

HULFT OrangeLab.運営チームの佐々木です。

今回は、実践を交えながらデータ変換機能の説明を行います。
本TIPSを利用するには、DataMagicがコンピュータにインストールされていることが条件となります。
DataMagicの入手先やインストール方法などについては、本ページ下部の「DataMagic評価版のダウンロード」を参照してください。

まずデータ変換と一言で言っても、その言葉に含まれる意味は非常に多彩です。
「DataMagic」にも、それらに対応できる機能がありますが、全てを紹介するには多いので数回に分け紹介します。
今回の実践は、前回行った内容と組み合わせて行ってみましょう。
用意したサンプルは、下記メインフレームの固定長ファイルです。



メインフレームでは、多くの場合、固定長ファイルを扱うのが一般的です。
そのため、業務で利用するテキストファイルはすべての行(レコード)を同じ長さにするよう、長さが足りない場合には空白文字などで埋めます。

このデータをWindowsで扱えるようコード変換し、CSVファイルに変換します。
これだけだと前回と大差ありませんので、さらにデータの「地域コード」別にファイルを分けてみましょう。
想定としては「汎用機で取得した情報を、地域ごとの支店へ転送するためファイルを分ける」といったところでしょうか。
 
要件のイメージとしては下記のようになります。



どうでしょうか? 要件は単純ですが、この仕組みをプログラミングする…なんてやりたくありませんよね。
それでは「DataMagic」で解決してみましょう。

準備

まずは、変換元となるメインフレームのデータを用意します。

サンプルデータ[IBM(zOS)の固定長データ]

格納先は任意ではありますが、今回は以下のフォルダを作成してください。
サンプルデータ格納先
C:\work\SAMPLE\inputdata\
出力データ格納先
C:\work\SAMPLE\outputdata\
準備として「DataMagic」を起動し、任意で作成した接続先に接続してください。

手順

データ変換に必要な定義情報を作成します。
データ変換の流れは大きく分けると以下になります。
  1. 入力ファイル情報の設定
  2. 出力ファイル情報の設定
  3. データ加工情報の設定

Step01

まずは、「1.入力ファイル情報の設定」を行いましょう。
今回のサンプルファイルはフォーマット形式なので、入力ファイルのフォーマット情報を登録します。

スタートページから「フォーマット」を選択します。


Step02

操作メニューから「新規作成」をクリックし、フォーマット情報詳細画面を起動します。
画面が起動したら、下記画面を参考に「ID」と項目情報を設定し、「適用」をクリックして保存します。
項目情報の設定は、空行をダブルクリックして表示されるフォーマット情報項目設定画面から行います。





項目名 説明
ID 登録したフォーマット情報を識別するためのIDを指定します。
今回はIDを【SAMPLE002_IN】とします。
固定長/可変長 今回のデータは固定長の為、【固定長】を選択します。
※項目名、項目タイプ、繰り返し数、バイト数、小数部桁数は上記フォーマット情報詳細画面に合わせて設定してください。

Step03

フォーマット情報画面の「ゾーン/パック10進数詳細設定」の「設定」をクリックし、ゾーン/パック10進数詳細設定画面を起動します。
「ゾーン部」を「F」に設定し、「OK」ボタンをクリックします。


Step04

情報入力が終わり、フォーマット詳細情報画面の「保存」をクリックすると、フォーマット情報一覧画面にフォーマットの定義が追加されます。



これで、「1.入力ファイル情報の設定」は完了です。

Step05

次に、「2.出力ファイル情報の設定」を行います。
出力ファイルはCSV形式なので、出力ファイルのCSV情報を登録します。

スタートページから「CSV」を選択します。


Step06

操作メニューから「新規作成」をクリックし、CSV情報詳細画面を起動します。
画面が起動したら、下記画面を参考に「ID」と項目情報を設定し、「適用」をクリックして保存します。



項目名 説明
ID 登録したCSV情報を識別するためのIDを指定します。
今回はIDを【SAMPLE002_OUT】とします。

Step07

情報入力が終わり、CSV詳細情報画面の「保存」をクリックすると、CSV情報一覧画面にCSVの定義が追加されます。



これで、「2.出力ファイル情報の設定」は完了です。

Step08

次に、「3.データ加工情報の設定」を行います。

スタートページから「データ加工」を選択します。


Step09

操作メニューから「新規作成」をクリックし、データ加工情報設定画面を起動したら、まずは入力ファイルの設定を行います。

オブジェクトパレットから「フォーマット」を選択し、入力ファイルエリアへドロップします。
ドロップ後、「FMT」アイコンをダブルクリックします。


Step10

入力設定画面のレイアウトタブを設定します。



項目名 説明
形式 どのようなタイプの入力の形式を行うか選択します。
ID 入力ファイルのIDを設定します。
Step02で作成した【SAMPLE002_IN】を設定します。
ファイル名 入力ファイルを指定します。
事前準備で用意した【C:\work\SAMPLE\inputdata\sample_002】を設定します。
数値バイトオーダ 入力ファイルの数値バイトオーダを選択します。
入力0レコードの扱い 入力データの0レコードだった場合の動作を選択します。

Step11

入力設定画面のコード変換タブを設定します。



項目名 説明
漢字コード種 入力ファイルの漢字コード種を選択します。
今回は【IBM漢字】を選択します。
EBCDICコードセット 1 バイトコードセット種を設定します。

これで、入力ファイルの設定は完了です。

Step12

出力ファイルの設定を行います。

今回は出力を4つに分けるため、オブジェクトパレットから「CSV」を選択し、出力ファイルエリアへドロップする処理を4回繰り返します。


Step13

1つ目の「CSV」アイコンをダブルクリックします。
出力設定画面のレイアウトタブを設定します。



項目名 説明
ID 出力ファイルのIDを設定します。
Step06で作成した【SAMPLE002_OUT】を設定します。
出力先指定 出力先の指定方法を選択します。今回は、"固定値"を指定します。
ファイル名には、出力ファイルの絶対パスまたは相対パスで設定します。
今回、出力ファイル名は【C:\work\SAMPLE\outputdata\sample002_out1】とします。

Step14

2つ目の「CSV」アイコンをダブルクリックします。
出力設定画面のレイアウトタブを設定します。



項目名 説明
ID 出力ファイルのIDを設定します。
Step06で作成した【SAMPLE002_OUT】を設定します。
出力先指定 出力先の指定方法を選択します。今回は、"固定値"を指定します。
ファイル名には、出力ファイルの絶対パスまたは相対パスで設定します。
今回、出力ファイル名は【C:\work\SAMPLE\outputdata\sample002_out2】とします。

Step15

3つ目の「CSV」アイコンをダブルクリックします。
出力設定画面のレイアウトタブを設定します。



項目名 説明
ID 出力ファイルのIDを設定します。
Step06で作成した【SAMPLE002_OUT】を設定します。
出力先指定 出力先の指定方法を選択します。今回は、"固定値"を指定します。
ファイル名には、出力ファイルの絶対パスまたは相対パスで設定します。
今回、出力ファイル名は【C:\work\SAMPLE\outputdata\sample002_out3】とします。

Step16

4つ目の「CSV」アイコンをダブルクリックします。
出力設定画面のレイアウトタブを設定します。



項目名 説明
ID 出力ファイルのIDを設定します。
Step06で作成した【SAMPLE002_OUT】を設定します。
出力先指定 出力先の指定方法を選択します。今回は、"固定値"を指定します。
ファイル名には、出力ファイルの絶対パスまたは相対パスで設定します。
今回、出力ファイル名は【C:\work\SAMPLE\outputdata\sample002_out4】とします。

これで、出力ファイルの設定は完了です。

Step17

抽出条件を追加します。

オブジェクトパレットから「抽出条件」を選択し、条件エリアへドロップする処理を4回繰り返します。


Step18

1つ目の抽出条件アイコンをダブルクリックします。
下記画面が開きますので、条件一覧のNo.1を編集し、「地域コード=0001」を登録します。
条件一覧の編集は、「編集」をクリック、またはNo1の行をダブルクリックして表示される条件設定詳細画面から行います。




Step19

2つ目の抽出条件アイコンをダブルクリックします。
下記画面が開きますので、条件一覧のNo.1に「地域コード=0002」を登録します。
条件一覧への追加は、「追加」を選択して表示される条件設定詳細画面から行います。


Step20

3つ目の抽出条件アイコンをダブルクリックします。
下記画面が開きますので、条件一覧のNo.1に「地域コード=0003」を登録します。
条件一覧への追加は、「追加」を選択して表示される条件設定詳細画面から行います。


Step21

4つ目の抽出条件アイコンをダブルクリックします。
下記画面が開きますので、条件一覧のNo.1に「地域コード=0004」を登録します。
条件一覧への追加は、「追加」を選択して表示される条件設定詳細画面から行います。


Step22

下記画面を参考に、抽出条件と出力条件をつなぎます。
つなげたら、一番上のマッピングアイコンをダブルクリックします。
(※4つのマッピングアイコンすべてに対して、Step23の処理を実施します)


Step23

メニューから「同一項目をマッピング」を選択します。
この操作により、入力項目と出力項目がマッピング線で結ばれます。


Step24

最後に、任意の「ID」を入力し、データ加工情報設定画面の「適用」をクリックします。



項目名 説明
ID データ加工情報を識別するためのIDを指定します。
今回はIDを【sample002】とします。

これで、「3.データ加工情報の設定」は完了です。

Step25

それでは実行してみましょう。データ加工情報設定画面上部の「実行」をクリックし、データ加工実行画面を起動します。
画面が起動したら、そのまま「実行」ボタンを押下します。


Step26

処理が正常に動作すると、下記のメッセージが出ます。
もしエラーの場合は、出力されるコードから原因を取り除いてください。


Step27

出力データ格納先として指定した「C:\work\SAMPLE\outputdata\」を確認してください。
「sample002_out1」から「sample002_out4」の4ファイルが出力されているので、メモ帳などで中身を参照し、変換結果を確認してください。

さいごに

今回は複数の機能を併用してみましたが、いかがでしたでしょうか?
次回も同じように、複数の機能を併用したいと考えております。
理解しにくいので1つずつ解説して欲しいなどの要望があった際には、改めたいと思いますので要望などお待ちしています。

DataMagic評価版のダウンロード

DataMagic評価版は「my HULFT」からダウンロードできます。
DataMagic評価版のインストール

〔注意事項〕
  • 「my HULFT」を利用するには、別途「my HULFT」へのユーザ登録が必要となります。詳細については、「my HULFT」ページをご覧ください。
  • DataMagicの利用にあたっては、DataMagic本体のほか、GUIツールであるDataMagic Managerのインストールが必要となります。なお、DataMagic ManagerはDataMagic本体に付属しています。

〔インストール方法〕
DataMagicとDataMagic Managerのインストール方法については、以下のページを参照ください。
DataMagicのインストール方法
DataMagic Managerのインストール方法

サンプルデータ

サンプルデータはzip形式での提供となります。解凍してからご利用ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント