複数のホストから集信したファイルを、1つのファイルに追加書込したい

OrangeLab. 運営チーム
作成日時: - 更新日時:
Avatar

はじめに

こんにちは、メディアフォースの佐渡です。

HULFTは、複数ホストから同一種類のデータを集信し、これら複数のデータをひとつのファイルに追加書込みすることができます。
これをHULFTでは「複数集信」と呼んでいますが、要するに複数のファイルを集信した順番でマージする機能です。
いちいち後でマージ処理を行う必要がないため、業務効率化につながる非常に便利な機能です。

今回は複数ホストから集信したテキストファイルを、1つのファイルに追加書込みする方法を紹介します。



※どのホストから集信したデータがファイルのどこにあるのかを調べたい場合、「複数集信情報ファイル」を確認します。

手順

集信管理情報(集信ホスト)


集信元の集信管理情報で次のように設定します。

項目名設定値
ファイルID 任意名称
任意のファイルIDを指定しますが、配信管理情報と合わせる必要があります。今回は「DEMOFILE」としています。
ファイル名 任意名称
任意のファイル名を指定します。今回は「honten.txt」としています。
登録モード 「追加」を選択
この設定により、既存のファイルに対し、情報が追記保存されます。
異常時の処理 「保存」を選択
設定値「集信形態」で「複数集信」を指定するときは、「異常時の処置」に「保存」を指定する必要があります。
集信形態 「複数集信」を選択
「システム動作環境設定」の「集配信」にある「集信ファイルロック待機」の設定にしたがい次の動作を行います。
  • エラー:集信ファイルがロックされている場合エラー
  • 待機:ロックが解除されるまで待つ

実施結果

次のような内容のファイルを集信(送信要求)し、結果を確認します。

配信ファイル1


配信ファイル2


配信ファイル3


集信ファイル


上記のように、1つのファイルに対し複数のホストからのデータを追記することが完了しました。

おわりに

もし、「集信形態」が“単一集信(S)”で「登録モード」に“追加(M)”を指定した場合、集信中に何らかの異常が発生すると、異常が発生する前までの集信データは追加書きされてしまいます。
留意した上で、ご利用くださいね。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント