プロセスの自動起動を解除したい

OrangeLab. 運営チーム
作成日時: - 更新日時:
Avatar

はじめに

こんにちは、メディアフォースの佐渡です。

HULFT導入時の初期設定では、すべてのプロセスが自動起動となっていますが、運用管理ツールで明示的に起動と終了を管理している場合など、自動起動したくない場合もあるかと思います。

今回は、Windows版におけるプロセスの自動起動を解除する方法についてご紹介します。
プロセスの自動起動を解除したい場合に、参考にして下さい。

プロセスの自動起動を確認する方法

プロセスの自動起動を解除する前に、まずはプロセスの自動起動がどのようなものであるか再確認しましょう。

プロセスの初期設定状態を確認し、HULFTプロセスを起動した時の動作をおさらいします。
※ここではHULFT導入直後を想定しています。
  1. HULFT管理画面を起動します。
  2. [ツール]-[プロセスコントローラ]をクリックします。
    以下のプロセスコントローラ画面が起動されます。



  3. 「HULFT」の[起動]ボタンをクリックします。
    HULFTサービスが開始され、信号が起動済を示す青に変わります。


HULFTの起動ボタンをクリックすることで、HULFT以外の各プロセス(配信、集信、要求受付、スケジューラ)が自動起動されたのが確認できましたね。

それでは、次に各プロセスが自動起動しないように設定する方法をご紹介します。

プロセスの自動起動を解除する方法

プロセスの自動起動を解除する方法の、詳細手順についてご説明します。
  1. HULFT管理画面を起動します。
  2. [システム管理]-[システム動作環境設定]をクリックし、システム動作環境設定画面を起動します。
  3. システム動作環境設定画面の「起動」を選択し、「プロセス自動起動」の項目を表示させます。



    導入直後は上記画像のように、「プロセス自動起動」の各プロセスのチェックボックスにチェックが入っています。
    この状態だとプロセスコントローラにてHULFTを起動した際に、各プロセスも自動的に起動されてしまいます。
    そのため、プロセス自動起動させたくないプロセスのチェックボックスをオフにします。
    (今回は、プロセスのチェックボックスを全てオフにします。)
  4. HULFTを再起動します。
  5. 再度[ツール]-[プロセスコントローラ]をクリックし、プロセスコントローラ画面を表示させます。
  6. 「HULFT」の[起動]ボタンをクリックします。



    システム動作環境設定画面にて、「プロセス自動起動」の各プロセスのチェックボックスをオフにしたため、HULFTの起動ボタンをクリックしてもHULFTサービス以外の各プロセスが起動されなくなりました。

プロセスの起動時の注意点

プロセス起動時の注意点は以下のとおりです。

  1. 各プロセスを起動するには、HULFTサービスが開始されている必要があります。
  2. システム動作環境設定ファイル(hulenv.cnf)が認識されない場合、各プロセスは起動できません。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント