はじめに

OrangeLab. 運営チーム
作成日時: - 更新日時:
Avatar

ごあいさつ

HULFT技術者資格認定 対策講座をご覧いただきありがとうございます。
当講座は、HULFT技術者資格認定を受験する方を対象とした対策講座です。

試験対策として、HULFTの導入から管理情報、履歴情報等の基本機能をはじめ、セキュリティやチューニング、運用にまつわる一歩進んだ内容についても学んでいきます。また、HULFTに関する幅広い範囲をカバーするため、試験対策としてのみならず、HULFTの理解を深めたい方にも最適な内容になっています。

当講座が皆様のスキルアップの一助となれば光栄です。

HULFT技術者資格認定制度とは

HULFT Series製品に関する理解力を認定する技術資格制度です。
資格を取得することにより、次のようなメリットがあります。
  • HULFT Series製品の技術者として高い信頼とステータスを得ることができます。
    また、組織内や業界内で自分自身の技術力をアピールすることができます。
  • システム構築や運用を資格取得者が行う事により、お客様から高い信頼と満足度を得ることができます。
  • 認定試験に向けた学習により、製品知識が高まります。
詳細は以下のリンクをご参照ください。
HULFT技術者資格認定

認定試験

HULFT8に関する共通的な知識および技術力を認定します。
HULFT技術者資格認定はWindowsプラットフォームをベースに認定を行います。
※当講座もWindowsプラットフォーム(Version.8.0.0)をベースにしています。

受験対象者

  • HULFTを使用したシステムの構築を行う技術者
  • HULFTを使用したシステムを運用する技術者

カリキュラム

以下の章立てに沿ったカリキュラムで学習を進めて行きます。
※現在、下記リンクが有効である章まで公開しています。
導入
-01.グレード
-02.インストール
-03.起動と停止
管理情報(前編)
-01.管理情報の生成
-02.管理情報の登録
-03.管理情報の削除
-04.配信管理情報
-05.集信管理情報
管理情報(後編)
-01.システム動作環境設定
-02.コード変換
-03.ファイルトリガ
-04.フォーマット情報/マルチフォーマット情報
履歴確認(前編)
-01.要求状態確認
-02.転送状況一覧
-03.配信状況表示
-04.集信状況表示
履歴確認(後編)
-01.履歴表示
-02.配信履歴
-03.再配信
-04.再配信待ち状況一覧
セキュリティ
-01.詳細ホスト情報
-02.暗号
-03.データ検証
-04.リモートジョブ実行
-05.管理画面セキュリティ
運用(前編)
-01.要求発行(配信/再配信)
-02.要求発行(送信/再送)
-03.転送キャンセル
-04.メッセージ送信
運用(中編)
-01.同期転送
-02.同報配信
-03.再配信
-04.動的パラメータ
運用(後編)
-01.ジョブ連携
-02.CSV形式受信
-03.クラスタその1
-04.クラスタその2
-05.結合ファイル
チューニング
-01.圧縮
-02.転送速度
-03.HULFT7通信モード
トラブルシューティング
-01.起動と停止
-02.エラー確認
-03.コンソールログ
-04.転送異常
-05.ファイルトリガ
※上記カリキュラムにつきましては予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

キャラクター紹介

当講座には、HULFTを分かりやすく解説してくれるキャラクター達が登場します。

Dr.ハル

Orange Lab.の所長であり、HULFTの生みの親。
HULFTをはじめファイル転送普及のために日夜研究を続けている。
本講義の講師を快く引き受けてくれた博士。
 

フク助

Dr.ハルの助手のフクロウ。
冷静沈着でどんな課題も冷静に解決できる(らしい)。
講義中、大事なところでアドバイスをくれる。
 

学習の進め方

当講座の各章には、解説と練習問題が用意されています。
読み進めるだけで、解説で理解を促し、練習問題で記憶を定着させる、という流れで学習できるよう構成しています。

練習問題で間違えた場合は、全問正解するまで何度も解説に戻りましょう。
また、練習問題と似ている問題が出た場合にも対処できるよう、練習問題で出題傾向を押さえた上で解説を再読することも重要です。

それでは早速、見ていきましょう!
この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント