結合ファイル表示

OrangeLab. 運営チーム
作成日時: - 更新日時:
Avatar

HULFTのWindows版ではutldspfilコマンドにより、結合ファイルの内容を表示することができます。

サンプルコード

rem 結合ファイルの内容を表示する
utldspfil -f FILENAME

実行例

c:\HULFT Family\hulft801\bin>utldspfil -f "c:\HULFT Family\hulft801\SEND\SENDFILE"
     VERSION  V05L00
  NO FILE NAME
     DATE       TIME           CODE TYPE   DATA SIZE     REC CNT    REC LEN. FILE TYPE     BLOCK SIZE
   1 EDI0001.csv
     2015/10/13 17:03:14       SHIFT-JIS           0           0           0 TEXT                   0
   2 EDI0002.csv
     2015/10/13 17:03:14       SHIFT-JIS           0           0           0 TEXT                   0
   3 EDI0003.csv
     2015/10/13 17:03:14       SHIFT-JIS           0           0           0 TEXT                   0

必須パラメータ

-f FILENAME
結合ファイル名指定パラメータ
256バイト以内の英数文字で指定します。

省略可能パラメータ

-d
フォーマット情報表示パラメータ
指定するとフォーマット情報、マルチフォーマット情報の内容を表示します。
-l
ファイル名整形パラメータ
指定するとファイル名情報を整形せずに表示します。
省略するとコマンドプロンプト幅(80バイト)に合わせて整形して表示します。

完了コード

0
正常終了
0以外
異常終了
(詳細・対応方法についてはマニュアルをご確認ください)

関連コマンド

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント