Unicodeへ変換

OrangeLab. 運営チーム
作成日時: - 更新日時:
Avatar

HULFTのWindows版ではutlchgunicodeコマンドによりShift-JIS、ASCIIコードからUnicode(UTF-16)へコード変換をすることができます。

サンプルコード

rem Unicodeへの変換
utlchgunicode -infile INPUT_FILE -outfile OUTPUT_FILE -u

実行例

C:\HULFT Family\hulft810\bin>utlchgunicode -infile c:\HULFT\shift-jis.txt -outfile c:\HULFT\unicode.txt -u

C:\HULFT Family\hulft810\bin>echo %ERRORLEVEL%
0

必須パラメータ

-infile INPUT_FILE
入力ファイル指定パラメータ
変換元となるShift-JIS、ASCIIコードのファイルの指定を行います。
-outfile OUTPUT_FILE
出力ファイル指定パラメータ
Unicodeへと変換した結果を出力するファイルの指定を行います。
-u
Unicode変換パラメータ
Unicode変換を行うことコマンドに設定します。

省略可能パラメータ

-r
上書き指定パラメータ
出力先ファイルが既に存在する場合に上書きを行います。
-o
OEMコードページ指定パラメータ
OEMコードページを使用します。
-c
合成文字変換指定パラメータ
Unicode変換時に合成文字へと変換します。
-g
グリフ文字使用指定パラメータ
制御文字の代わりにグリフ文字へと変換します。

完了コード

0
正常終了
0以外
異常終了
(詳細・対応方法についてはマニュアルをご確認ください)

関連コマンド

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント