転送の集計

OrangeLab. 運営チーム
作成日時: - 更新日時:
Avatar

HULFTのWindows版ではutllogcntコマンドにより一定期間内のデータ転送量、転送時間、転送回数を集計することができます。

サンプルコード

rem 転送の集計
utllogcnt -a

実行例

c:\HULFT Family\hulft800\bin> utllogcnt -a
ホスト名/ファイルID     区分              接続                  転送量/回数/時間
全ホスト 全ファイルID
                                                                   総合計
                                                                203929465342
                                                                         168
                                                                     1:23:18

必須パラメータ

下記の中からいずれかを指定する必要があります。

-a
全指定パラメータ
全ホスト、全ファイルを対象として集計をします。
-h HOSTNAME
ホスト名指定パラメータ
HOSTNAMEを対象として集計をします。
-f FILEID
ファイルID指定パラメータ
FILEIDを対象として集計をします。

省略可能パラメータ

-s
配信指定パラメータ
配信の転送情報のみを集計します。
-r
集信指定パラメータ
集信の転送情報のみを集計します。
-fd DATE1
集計開始日指定パラメータ
DATE1に指定した日付以降の転送情報の集計を行います。
-ft TIME1
集計開始時刻指定パラメータ
hhmm形式でTIME1に指定した時刻以降の転送情報の集計を行います。
-td DATE2
集計終了日指定パラメータ
DATE2に指定した日付までの転送情報の集計を行います。
-tt TIME2
集計終了時刻指定パラメータ
hhmm形式でTIME2に指定した時刻までの転送情報の集計を行います。
-between TIME3-TIME4
集計終了時刻指定パラメータ
hhmmss形式のTIME3からhhmmss形式のTIME4の間の時間帯の転送情報のみ集計を行います。
-c {l|1|2}
接続形態指定パラメータ
指定した形式(l:LAN転送・1:SAN(FAL)転送・2:SAN(XLD)転送)で接続された転送情報のみ集計を行います。
-ok
転送結果指定パラメータ
正常終了した転送のみ集計を行います。
-csv FILENAME
CSV指定パラメータ
FILENAMEに指定したファイルにCSV形式で出力します。
-o {n|r|a}
登録モード指定パラメータ
CSV出力ファイルの登録方法をn:新規作成、r:置き換え、a:追加のいずれかで指定します。
-nt
タイトル非表示指定パラメータ
CSV出力時にタイトル行の出力を行いません。
-d
詳細表示指定パラメータ
集計結果の詳細表示形式で出力します。

完了コード

0
正常終了
0以外
異常終了
(詳細・対応方法についてはマニュアルをご確認ください)

関連コマンド

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント