リモートジョブ実行

OrangeLab. 運営チーム
作成日時: - 更新日時:
Avatar

HULFTのUNIX/Linux版ではutlrjobコマンドにより、他のホストに登録されているジョブを実行することができます。

サンプルコード

# リモートジョブ実行
utlrjob -h HOSTNAME -j JOBID

実行例

[root bin]# utlrjob -h SERVER1 -j TESTJOB
[root bin]# echo $?
0

必須パラメータ

-h HOSTNAME
ホスト名指定パラメータ
ジョブを実行させるホスト名の指定をします。
-j JOBID
ジョブID指定パラメータ
実行させるジョブIDの指定をします。

省略可能パラメータ

-o FILENAME
ジョブ実行要求結果出力ファイル指定パラメータ
ジョブの実行要求をした結果の出力先ファイルを指定します。
-sync
同期指定パラメータ
実行要求したホストがジョブを終了するまで同期をとり、制御を保持し続けます。
-w TIME
同期待ち時間指定パラメータ
-syncでの同期でジョブの実行結果を受け取るまでの待ち時間を指定します。
-w TIME
同期待ち時間指定パラメータ
-syncでの同期でジョブの実行結果を受け取るまでの待ち時間を指定します。
-v8
ジョブID全体出力パラメータ
表示されるジョブ実行結果に8バイト以上のジョブID全体が表示可能な形式で出力します。

完了コード

0
正常終了
0以外
異常終了
(詳細・対応方法についてはマニュアルをご確認ください)

関連コマンド

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント