HULFTを完全にバックアップしたい

OrangeLab. 運営チーム
作成日時: - 更新日時:
Avatar

はじめに

こんにちは、HULFT Orange Lab.運営チームの兼平です。

本Tipsでは、HULFTを完全にバックアップ&リストアする方法をご紹介します。
完全なバックアップを行う事により、ハードディスクの破損などから完全にHULFTの環境を復旧させる事ができます。

Linux/Unix版HULFTの完全バックアップ&リストアについて

Linux/Unixのコマンドを利用して、HUFLTのインストールディレクトリをアーカイブします。
実際にHULFTの完全バックアップ作業をやってみましょう。

①HULFTの常駐デーモンが立ち上がっていることを確認します。

[root@localhost backup]# ps -ef | grep hulft
root      3466       1  0 16:23 pts/0    00:00:00 /opt/ hulft /800/bin/hulsndd
root      3468       1  0 16:23 pts/0    00:00:00 /opt/ hulft /800/bin/hulrcvd
root      3470       1  0 16:23 pts/0    00:00:00 /opt/ hulft /800/bin/hulobsd
root      3471  3470  0 16:23 pts/0    00:00:00 /opt/ hulft /800/bin/hulobsd
root      3473  2965  0 16:23 pts/0    00:00:00 grep --color=auto  hulft

②HUFLTの常駐デーモンを停止します。

[root@localhost backup]# $HULEXEP/utlkillsnd
[root@localhost backup]# $HULEXEP/utlkillrcv
[root@localhost backup]# $HULEXEP/utlkillobs
[root@localhost backup]# ps -ef | grep hulft
root      3529  2965  0 16:27 pts/0    00:00:00 grep --color=auto  hulft

③fifoパスに指定されているディレクトリがバックアップ対象外である事を確認します。

                         <<起動関連設定>>                  ESC :キャンセル
                                                                     TAB :項目移動

 ワークファイル作成パス  : /opt/hulft/800/tmp
 fifoパス                        : /opt/hulft/800/tmp
 配信要求受付ポートNo.   : 32800
 集信ポートNo.               : 30800
 要求受付ポートNo.         : 31800
 配信プロセスの多重度     : 10
 集信プロセスの多重度     : 0
 pidファイル作成パス       : /opt/hulft/fifo/800/



 -----------------------------------------------------------------------------------
 配信デーモン起動時に作成する、配信デーモンpidファイルの作成ディレクトリを
 指定します。
 200バイト以内の英数字で指定します。
 初期値はHULPATHに指定したディレクトリです。

④tarコマンドを利用して、HULFTインストールディレクトリを「hulft800.bk」にアーカイブします

[root@localhost backup]# tar cvfp hulft800.bk /opt/hulft/800
tar: メンバ名から先頭の `/' を取り除きます
/opt/hulft/800/bin/
/opt/hulft/800/bin/exgcsv
/opt/hulft/800/bin/huljob
/opt/hulft/800/bin/hulobsd
/opt/hulft/800/bin/hulrcvd
※ tarのオプションにpを利用する事により、パーミッションを保持したままファイルをアーカイブできます。

⑤tarコマンドを利用して、アーカイブしたファイルを復元先を指定してリストアします。

[root@localhost backup]# tar xvfp hulft800.bk -C /
opt/hulft/800/bin/
opt/hulft/800/bin/exgcsv
opt/hulft/800/bin/huljob
opt/hulft/800/bin/hulobsd
opt/hulft/800/bin/hulrcvd
opt/hulft/800/bin/hulrjob
opt/hulft/800/bin/hulsnd
opt/hulft/800/bin/hulsndd
opt/hulft/800/bin/hulsndrc
※ tarのオプションのpを利用する事により、パーミッションを保持したままファイルを復元することができます。
また、root権限を持つユーザで解凍を実行する必要があります。

⑥HUFLTの常駐デーモンを起動します。

[root@localhost 800]# $HULEXEP/hulsndd
[root@localhost 800]# $HULEXEP/hulobsd
[root@localhost 800]# $HULEXEP/hulrcvd
[root@localhost 800]# ps -ef |grep hulft
root      4473        1  0 17:29 pts/0    00:00:00 /opt/ hulft /800/bin/hulsndd
root      4475        1  0 17:29 pts/0    00:00:00 /opt/ hulft /800/bin/hulobsd
root      4476  4475  0 17:29 pts/0    00:00:00 /opt/ hulft /800/bin/hulobsd
root      4478        1  0 17:29 pts/0    00:00:00 /opt/ hulft /800/bin/hulrcvd
root      4480  2965  0 17:29 pts/0    00:00:00 grep --color=auto  hulft
[root@localhost 800]#

Windows版HULFTの完全バックアップ&リストアについて

Windows版ではコマンドを利用して、HULFTのインストールディレクトリを完全コピーします。
実際にHULFTの完全バックアップ作業をやってみましょう。

①HUFLTのプロセスもしくはサービスを停止します。


C:\Users\Administrator>net stop HULFT(800)
HULFT(800) サービスを停止中です....
HULFT(800) サービスは正常に停止されました。

②xcopyを利用して、HULFTインストールディレクトリを完全コピーします。

C:\>xcopy "C:\HULFT Family\hulft8\*" "C:\backup\" /e /i /k /o
C:\HULFT Family\hulft8\bin\C4S.dll
C:\HULFT Family\hulft8\bin\help.exe
C:\HULFT Family\hulft8\bin\hmifiles.dll
C:\HULFT Family\hulft8\bin\hulapi.dll
C:\HULFT Family\hulft8\bin\hulapi64.dll
C:\HULFT Family\hulft8\bin\Hulcon.log
C:\HULFT Family\hulft8\bin\hulconv.exe
C:\HULFT Family\hulft8\bin\hulft.ini
C:\HULFT Family\hulft8\bin\hulft.sys
C:\HULFT Family\hulft8\bin\hulftrt.dll
C:\HULFT Family\hulft8\bin\hulftrt64.dll
C:\HULFT Family\hulft8\bin\hulinst64.dll
C:\HULFT Family\hulft8\bin\hulobs.exe
C:\HULFT Family\hulft8\bin\hulrcv.exe
C:\HULFT Family\hulft8\bin\hulsch.exe
C:\HULFT Family\hulft8\bin\hulsdd.exe
C:\HULFT Family\hulft8\bin\hulsndrc.exe
C:\HULFT Family\hulft8\bin\hulsrvc.exe
C:\HULFT Family\hulft8\bin\hulwin.exe
C:\HULFT Family\hulft8\bin\hulwin.exe.config
C:\HULFT Family\hulft8\bin\hulwin.ini
C:\HULFT Family\hulft8\bin\MonoCrypt.dll
C:\HULFT Family\hulft8\bin\schcancel.exe
C:\HULFT Family\hulft8\bin\schloglist.exe
C:\HULFT Family\hulft8\bin\schrmlog.exe
C:\HULFT Family\hulft8\bin\Setup.xml
C:\HULFT Family\hulft8\bin\utladmfileadjoin.exe
C:\HULFT Family\hulft8\bin\utlalivecheck.exe
C:\HULFT Family\hulft8\bin\utlbreak.exe
C:\HULFT Family\hulft8\bin\utlchgunicode.exe
C:\HULFT Family\hulft8\bin\utlcomp.exe

③コピーしたファイルを全てリストアします。

C:\>xcopy "C:\backup\*" "C:\HULFT Family\hulft8\" /e /i /k /o /y
C:\backup\bin\C4S.dll
C:\backup\bin\help.exe
C:\backup\bin\hmifiles.dll
C:\backup\bin\hulapi.dll
C:\backup\bin\hulapi64.dll
C:\backup\bin\Hulcon.log
C:\backup\bin\hulconv.exe
C:\backup\bin\hulft.ini
C:\backup\bin\hulft.sys
C:\backup\bin\hulftrt.dll
C:\backup\bin\hulftrt64.dll
C:\backup\bin\hulinst64.dll
C:\backup\bin\hulobs.exe
C:\backup\bin\hulrcv.exe
C:\backup\bin\hulsch.exe
C:\backup\bin\hulsdd.exe
C:\backup\bin\hulsndrc.exe
C:\backup\bin\hulsrvc.exe
C:\backup\bin\hulwin.exe
※ リストア先ディレクトリはバックアップ時のディレクトリと同じパスにして下さい。

④HUFLTのサービスもしくはプロセスを立ち上げます。


C:\Users\Administrator>net start HULFT(800)
HULFT(800) サービスを開始します..
HULFT(800) サービスは正常に開始されました。
※ 新環境でサービスを登録していない場合はHULFTを起動できないので、
「utlservice」コマンドを利用してサービス登録を行って下さい。

完全バックアップ&リストアの注意点

Linux/Unix版
  • バックアップ&リストア作業を行う前に、HULFTの各常駐デーモンを終了する
  • システム動作環境設定の「fifoパス」に指定しているディレクトリ以下はバックアップ対象から除外する
  • バックアップ&リストア作業を行う際、ファイルのパーミッション情報を保持する

Windows版
  • バックアップ&リストアの作業を行う前、HULFTのプロセスもしくはサービス、管理画面などを停止する
  • バックアップした時点と異なる環境のHULFTへのリストアはできない
  • バックアップ&リストア作業を行う際、ファイルの権限を保持する

まとめ

いかがでしょうか?
このようにOSの標準コマンドだけで、HULFTを完全バックアップ&リストアすることが可能です。
また、他のソフトウェアと比べ非常にシンプルでかつ短時間で作業を行うことで、作業ミスを減らしシステム全体への影響を軽減する事が可能です。

今まで躊躇していた方はぜひこれを機に、HULFTをバックアップしてみてはいかがでしょうか?
この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント