DataMagicをインストールしたい

OrangeLab. 運営チーム
作成日時: - 更新日時:
Avatar

使用ソフトウェア:DataMagic for Windows Ver.2.2.2

はじめに

こんにちは、HULFT Orange Lab.運営チームの梅津です。

DataMagicを自社の環境に導入する場合、まずはマニュアルをご確認いただいてインストールされると思いますが、てっとり早くインストールして触ってみたい、と考えている方は少なくはないと思います。

本日はDataMagicをインストールしてすぐにご利用いただける簡単手順をご案内します。

全体の流れ

DataMagicは、ホストの「DataMagic」(以下DataMagic)と、クライアントの「DataMagic Connnect」(以下Connect)で構成しているクライアント・サーバ型ですが、同一マシンにインストールしてお使いいただけます。
クライアント・サーバが同一マシンに存在すると、ファイアウォールやホストの名前解決などを考慮する必要がなくなるので、DataMagicを気軽にお試しいだだくことができます。

全体の流れは以下のようになっています。
  • 手順1 - セットアップメディアを入手する
  • 手順2 - DataMagicをインストールする
  • 手順3 - Connectをインストールする
  • 手順4 - ConnectをDataMagicに接続する

手順1 - セットアップメディアを入手する

※既にセットアップメディアをお持ちの方は手順2へ進んでください。
以下の方法でセットアップメディアを入手できます。

方法1 - DataMagicを購入済の場合

下記の技術サポート専用サイトで入手できます。
https://schulft.force.com/hulft
ユーザーログイン後、製品情報→製品ダウンロードの順で入手できます。
なお、上記手順では「製品シリアル番号」「SPコード」「認証ID」が必要となりますので、事前にご用意ください。

方法2 - DataMagicを未購入の場合

HULFT.comで評価版をダウンロードします。
http://www.hulft.com/download/
評価版ダウンロード製品一覧からDataMagicを選択して、お申込みフォームで評価版を申請してください。

手順2 - DataMagicをインストールする

※DataMagicのインストールは管理者権限を持つユーザで行ってください。
DataMagic のインストールはセットアッププログラムを使用して行います。

(1) インストーラに表示する言語の選択

セットアップメディアの Setup\Server フォルダ内にある Setup.exe を実行します。
実行すると、インストーラに表示する言語を選択する画面が表示されます。
「日本語」を選択し[次へ(N)]ボタンをクリックします。

(2) セットアッププログラムの起動

セットアッププログラムが起動されると、次の画面が表示されます。[次へ(N)]ボタンをクリックします。

(3) シリアル番号、プロダクトキーの入力

シリアル番号とプロダクトキーを入力して[次へ(N)]ボタンをクリックします。

(4) 使用許諾について

使用許諾契約の内容を読み、「使用許諾契約の全条項に同意します(A)」にチェックをし、[次へ(N)]ボタンをクリックします。

(5) インストールタイプの選択

「新規インストール(E)」を選択して[次へ(N)]ボタンをクリックします。
※評価版の場合、[ インストールタイプの選択] 画面は表示されません。

(6) インストール先フォルダを設定

[次へ(N)]ボタンをクリックします。

(7) 各動作フォルダ入力画面の設定

[次へ(N)]ボタンをクリックします。

(8) サービス名の入力

[次へ(N)]ボタンをクリックします。

(9) 管理者情報の設定

「パスワード」、「パスワードの入力確認」を入力後、[次へ(N)]ボタンをクリックします。
設定したパスワードがDataMagicのログインパスワードです。

(10) 登録名の設定

[次へ(N)]ボタンをクリックします。

(11) インストール内容の確認

[次へ(N)]ボタンをクリックします。

(12) インストール処理

(13) セットアッププログラムの終了

[完了]ボタンをクリックしたら、セットアッププログラムは終了となります。

以上でDataMagic のインストールは終了です。次はConnectをインストールします。

手順3 - Connectをインストールする

※Connectのインストールは管理者権限を持つユーザーで行ってください。
Connect のインストールはセットアッププログラムを使用して行います。

(1) インストーラおよび画面に表示する言語の選択

セットアップメディア内にある setup.exe を実行します。Windows の場合は、Setup\Connect フォルダ内にあります。
「日本語」を選択し[次へ(N)]ボタンをクリックします。

(2) セットアッププログラムの起動

[次へ(N)]ボタンをクリックします。

(3) シリアル番号を入力

DataMagicインストールと同じシリアル番号を入力して[次へ(N)]ボタンをクリックします。

(4) 使用許諾について

使用許諾契約の内容を読み、「使用許諾契約の全条項に同意します(A)」にチェックをし、[次へ(N)]ボタンをクリックします。

(5) インストールタイプの選択

「新規インストール(E)」を選択して[次へ(N)]ボタンをクリックします。

(6) インストール先フォルダを設定

[次へ(N)]ボタンをクリックします。

(7) インストール内容の確認

[次へ(N)]ボタンをクリックします。

(8) インストール処理

(9) セットアッププログラムの終了

[完了]ボタンをクリックしたら、セットアッププログラムは終了となります。

以上でConnect のインストールは終了です。次はConnectをDataMagicに接続します。

手順4 - ConnectをDataMagicに接続する

※DataMagicのインストール直後、DataMagicのサービスは停止しております。
※以下の手順を行う前に、DataMagicのサービスを起動またはパソコンを再起動してください。

(1) Connect の起動

[スタート]メニューの[すべてのプログラム]から[HULFT Family]⇒[DataMagic Connect Ver.2]⇒[DataMagic Connect]をクリックします。


DataMagic Connect が起動されると、次のようなDataMagic Connect 画面が表示されます。

(2) DataMagicの登録

[ファイル]メニューの[新規作成]⇒[接続先ホスト]をクリックします。


以下のような、管理ホスト情報画面が表示されます。


管理ホスト情報で以下の設定値を入力します。
項目名設定値
ホスト名 localhost

接続先の情報を登録した後、接続テストを行います。[開始]ボタンをクリックすると、接続テストが開始されます。


接続テストが正常に終了すると、以下の画面が表示されます。


接続テストに失敗すると、エラーメッセージが出力されます。失敗の場合、以下の項目を確認してください。
  • DataMagicのサービスは起動していますか?止している場合はサービス起動またはパソコンを再起動してください。
  • ホスト名は正しく設定されていますか?ホスト名でlocalhost以外を指定する場合、ファイアウォールを確認してください。
  • ポート番号36000が他システムで使用されていませんか?

(3) ConnectをDataMagicに接続する

「localhost」をダブルクリックすると、ログイン画面が表示されます。

(4) ログイン

「ユーザID」(admin)と「パスワード」を入力し、[ログイン]ボタンをクリックします。

(5) DataMagic 管理画面の表示

正常に接続した場合、以下のようなDataMagic 管理画面が表示されます。

まとめ

いかがでしょうか?
業務アプリケーションだとセットアップが難しそうなイメージですが、ウィザードに従うだけなので簡単にインストールできたと思います。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント