サービスの終了

OrangeLab. 運営チーム
作成日時: - 更新日時:
Avatar

HULFTのWindows版ではutlsvcctlコマンドによりサービスを終了することができます。

サンプルコード

rem HULFTの終了
utlsvcctl -c stop

実行例

c:\HULFT Family\hulft800\bin>utlsvcctl -c stop
サービスが停止されました。

必須パラメータ

-c stop
終了指定パラメータ
HULFTのサービスに対して終了要求を行います。

省略可能パラメータ

-f [snd|rcv|obs|sch]
強制終了パラメータ
配信プロセス(snd)、集信プロセス(rcv)、要求受付プロセス(obs)、スケジューラプロセス(sch)を強制終了させます。プロセスの指定がない場合は、HULFTサービスの終了を行います。
-w SECOND
強制終了コマンド待ち時間パラメータ
強制終了処理の完了を待つ時間を、“10”~“259200”の範囲で指定します。
-q
非同期パラメータ
HULFTのサービス起動・終了が完全に行われるのを待たず、サービス起動の要求を発行次第、制御を返却します。

完了コード

0
正常終了
0以外
異常終了
(詳細・対応方法についてはマニュアルをご確認ください)

関連コマンド

注意事項

utlsvcctlコマンドを実行する場合は、管理者権限で実行してください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント