複数集信ファイルデータ抽出

OrangeLab. 運営チーム
作成日時: - 更新日時:
Avatar

HULFTのUNIX/Linux版ではutlstoreコマンドにより、複数集信したファイルからデータを抽出することができます。

サンプルコード

# 複数集信のファイルからデータの抽出
utlstore -f FILEID -fd DATE1 -td DATE2 -o FILENAME

実行例

[root bin]# ./utlstore -f TEST0001 -fd 20150401 -td 20150430 -o output
[root bin]# echo $?
0
[root bin]# cat output
AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA
BBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBB
BBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBB
BBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBB
AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA
AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA
BBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBB

必須パラメータ

-f FILEID
ファイルID指定パラメータ
抽出を行いたい複数集信のファイルIDの指定をします。
-fd DATE1
抽出開始日付指定パラメータ
DATE1で指定した日付以降の複数集信データを抽出します。
-td DATE2を指定し場合のみ、省略可能となります。
-td DATE2
抽出終了日付指定パラメータ
DATE2で指定した日付までの複数集信データを抽出します。
-fd DATE1を指定し場合のみ、省略可能となります。
-o FILENAME
出力ファイル指定パラメータ
FILENAMEで指定したファイルに抽出したデータを出力します。

省略可能パラメータ

-ft TIME1
抽出開始時刻指定パラメータ
TIME1で指定した時刻以降の複数集信データを抽出します。
指定する場合、-fd DATE1の指定が必須となります。
-tt TIME2
抽出終了時刻指定パラメータ
TIME2で指定した時刻までの複数集信データを抽出します。
指定する場合、-td DATE2の指定が必須となります。
-h HOSTNAME
ホスト名指定パラメータ
HOSTNAMEで指定したホストからの複数集信データを抽出します。
-m
追加書き指定パラメータ
出力ファイルに対して、抽出したデータを追加書きで出力します。

完了コード

0
正常終了
0以外
異常終了
(詳細・対応方法についてはマニュアルをご確認ください)

関連コマンド

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント