スケジュール履歴削除

OrangeLab. 運営チーム
作成日時: - 更新日時:
Avatar

HULFTのWindows版ではschrmlogコマンドにより、スケジュール履歴の削除を行うことができます。

サンプルコード

rem スケジュール履歴の全削除
schrmlog -a

実行例

c:\HULFT Family\hulft800\bin>schrmlog -a
正常に削除されました。

必須パラメータ

いずれか1つのパラメータを指定する必要があります。

-a
全指定パラメータ
スケジュール履歴の内容をすべて削除します。
-id SCHEDULE_ID
スケジュールID指定パラメータ
指定されたスケジュールIDのスケジュール履歴の内容を削除します。

省略可能パラメータ

-from DATE1
削除開始日付指定パラメータ
DATE1で指定した日付以降のスケジュール履歴を削除します。
DATE1はシステム環境設定の日付形式(datefmt)で指定した形式で指定します。
-to DATE2と組み合わせて使うことも可能です。
-to DATE2
削除終了日付指定パラメータ
DATE2で指定した日付までのスケジュール履歴を削除します。 DATE2はシステム環境設定の日付形式(datefmt)で指定した形式で指定します。 -from DATE2と組み合わせて使うことも可能です。

完了コード

0
正常終了
0以外
異常終了
(詳細・対応方法についてはマニュアルをご確認ください)

関連コマンド

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント