第3回:実践!データ変換〔固定長⇒CSV データ変換編〕

OrangeLab. 運営チーム
作成日時: - 更新日時:
Avatar

使用ソフトウェア:DataMagic for Windows Ver.2.2.2
「DataMagic」のデータ変換機能について、「DataMagic」を使いながらご説明します。
※下記バージョンのDataMagicについては、次の記事をご参照ください。
 DataMagic実践!データ変換〔固定長⇒CSV データ変換編〕(Ver.3.0.0)

はじめに

HULFT Orange Lab.運営チームの佐々木です。
「DataMagic」の記事を担当しています。

前回は「DataMagic」の「コード変換」ついて説明させていただきました。
内容は参考になりましたでしょうか?

今回も画像が多い記事になっていますがお許しください。
なお、本TIPSを利用するには、DataMagicがコンピュータにインストールされていることが条件となります。
DataMagicの入手先やインストール方法などについては、DataMagicとGUIのインストールを参照してください。

それでは「データ変換」編です。よろしければ、最後までお付き合い頂ければと思います。

まずデータ変換と一言で言っても、その言葉に含まれることは非常に多彩です。
「DataMagic」にも、それらに対応できる機能がありますが、全てを紹介するには多いので数回に分け紹介します。
今回の実践は、第二回で行った内容と組み合わせて行ってみましょう。
用意したサンプルは、下記メインフレームの固定長ファイルです。



メインフレームでは、多くの場合、固定長ファイルを扱うのが一般的です。
そのため業務で利用するテキストファイルはすべての行(レコード)を同じ長さにするよう、長さが足りない場合には空白文字などで埋める形をとります。

このデータをWindowsで扱えるようコード変換し、CSVファイルに変換します。
これだけだと前回と大差ありませんので、さらにデータの「地域コード」別にファイルを分けてみましょう。
想定としては「汎用機で取得した情報を、地域ごとの支店へ転送するためファイルを分ける」と言ったところでしょうか。

あ、こちらでは紹介しませんが別製品の「HULFT」を利用すると、分けたデータを簡単に転送できますよ!

要件のイメージとしては下記のようになります。


どうです? 要件は単純ですが、この仕組みをプログラミングなんてやりたくありませんよね。
それでは「DataMagic」で解決してみましょう。
記事の最下部にはインストール方法を解説しているURLも紹介しております。

準備

サンプルデータ[IBM(zOS)の固定長データ]

格納先は任意ではありますが、以下のフォルダを作成してください。
サンプルデータ格納先
C:\work\SAMPLE\inputdata\
出力データ格納先
C:\work\SAMPLE\outputdata\
準備として「DataMagic」を起動し、任意で作成した接続先に接続してください。

手順

Step01

タブボタンにある「アダプタ」を選択し「ファイル」から「CSV」を選びます。

Step02

操作メニューから「新規作成」を押下すると下記画面が起動します。
起動しましたら、出力するCSV定義としてIDを決め、変換する項目名を指定します。
※今回はデータ加工せずに、コードの変更だけですので入力ファイルと同じ項目を設定します。

Step03

情報入力が終わり、「適用」ボタンを押すと下記画面のようにCSVの定義が追加されます。

Step04

「ファイル」から「フォーマット」を選びます。

Step05

操作メニューから「新規作成」を押下すると下記画面が起動します。
入力データのフォーマットになりますので、画面を参考に「バイト数」「項目タイプ」を設定します。

Step06

次に画面下部にある設定ボタンを押下すると下記画面が開きます。
ゾーン部を「F」と設定し、「OK」ボタンを押下します。

Step07

情報入力が終わり、「適用」ボタンを押すと下記画面のようにフォーマットの定義が追加されます。

Step08

以上で入出力のフォーマット(CSV)設定は完了しました。

Step09

次に変換処理の作成になります。タブボタンより「データ加工」を選択後、新規作成ボタンを押下して下記画面を開きます。

Step10

「入力」ボタンをダブルクリックし、先ほど作成した入力フォーマット定義と、入力ファイルを指定します。

Step11

入力データの文字コードを指定します。

Step12

設定が終わり「OK」ボタンを押下すると下記画面が表示されます。
今回は全レコードを対象としています。デフォルトの「すべてのレコード」のままとします。

Step13

入力ファイルと抽出条件が作成されました。
今回は出力を4つに分けるため、右クリックから「出力ファイル追加」を選び、下図のように4つの出力先を用意します。

Step14

次は出力データです。「出力」ボタンの「1」をダブルクリックします。
先ほど作成したCSV定義を指定し、出力先をファイル名まで指定します。

Step15

Step17までは繰り返し設定です。「出力」ボタンの「2」をダブルクリックします。
先ほど作成したCSV定義を指定し、出力先をファイル名まで指定します。

Step16

「出力」ボタンの「3」をダブルクリックします。
先ほど作成したCSV定義を指定し、出力先をファイル名まで指定します。

Step17

「出力」ボタンの「4」をダブルクリックします。
先ほど作成したCSV定義を指定し、出力先をファイル名まで指定し出力先の設定が終わりました。

Step18

次に抽出条件の追加です。再び右クリックから「抽出理条件追加」を選び、下図のように4つの抽出条件を用意します。

Step19

次に抽出条件1を設定します。ダブルクリックで下記画面が開きますので、条件一覧に「地域コード=0001」を登録します。

Step20

再びStep22まで繰り返し設定です。抽出条件2をダブルクリックし、条件一覧に「地域コード=0002」を登録します。

Step21

抽出条件3をダブルクリックし、条件一覧に「地域コード=0003」を登録します。

Step22

抽出条件4をダブルクリックし、条件一覧に「地域コード=0004」を登録します。

Step23

すべての抽出条件からマウスでドラッグによる線を引き、1:1になるよう出力ファイルにつなげます。

Step24

つなげるたびに下記メッセージが出ますが、全て「はい」を選択します。

Step25

この操作により、入力データのフォーマットと、出力データのCSVが項目単位で結びつきました。

Step26

「実行ボタン」を押下すると、下記画面が表示されます。
今回はこの画面を使用せずに対応できるためそのまま「実行」ボタンを押下します。

Step27

処理が正常に動作すると下記のメッセージが出ます。エラーの時は出力されるコードから、原因を取り除いてください。

Step28

出力先として指定したURL「C:\work\SAMPLE\outputdata\」を確認してください。
「sample002_out1」から「sample002_out4」の4ファイルができているはずなので、メモ帳などで中身を参照し変換結果を確認してください。

さいごに

今回は複数の機能を併用してみましたが、如何でしたでしょうか?
とりあえず次回も同じように、複数の機能を併用したいと考えております。
理解しにくいので1つずつ解説して欲しいなどの要望があった際には、改めたいと思いますので要望などお待ちしています。
厳しいご意見などもお待ちしています。それではご機会があれば、次回もよろしくお願いします。
次回は「実践:データ加工」
今回と同じくにDataMagicを使用し、実践でも使えるデータ加工を行います。

サンプルデータ

サンプルデータはzip形式での提供となります。解凍してからご利用ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント