第2回:実践!文字コード変換〔EBCDIC⇔Shift_JIS編〕

OrangeLab. 運営チーム
作成日時: - 更新日時:
Avatar

使用ソフトウェア:DataMagic for Windows Ver.2.2.2(コード変換・オプション for Windows)
「DataMagic」のコード変換機能についてご紹介します。
※下記バージョンのDataMagicについては、次の記事をご参照ください。
 DataMagic 実践!文字コード変換〔EBCDIC⇔Shift_JIS編〕(Ver.3.0.0)

はじめに

HULFT Orange Lab.運営チームの佐々木です。
「DataMagic」の記事を担当しています。

前回は「DataMagic」の機能と魅力について説明させていただきました。
今回からは実践を交えながら機能の説明を行います。
できるだけわかりやすくしよう!とした結果、画像が少々多い記事になっていますがお許しください。
なお、本TIPSを利用するには、DataMagicがコンピュータにインストールされていることが条件となります。
DataMagicの入手先やインストール方法などについては、DataMagicとGUIのインストールを参照してください。

では「コード変換」編です。
「コード変換」のことは知っているので別機能について知りたい!という方は、次の記事を参照してください。

準備

まずコード変換となりますので、以下のようなメインフレームのサンプルデータを用意しました。
店名(16byte) 商品名(16byte) 数量(4byte) 単価(4byte)
池袋店 ノート 1000 0100
練馬店 ボールペン 0100 0250
板橋店 クリアファイル 0200 0100
浦和店 のり 0050 0120
ふじみ野店 名刺ファイル 0010 0200
所沢店 マウス 0005 3500
朝霞台店 電池 0020 0150
川越店 ホチキス 0005 0200
藤沢店 電卓 0003 2000

サンプルデータ[IBM(zOS)の固定長データ]

このデータをWindowsで見られるように「Shift_JIS」へ変換したいと思います。
格納先は任意ではありますが、以下のフォルダを作成してください。
サンプルデータ格納先
C:\work\SAMPLE\inputdata\
出力データ格納先
C:\work\SAMPLE\outputdata\
準備として「DataMagic」を起動し、任意で作成した接続先に接続してください。

手順

Step01

タブボタンにある「アダプタ」を選択し「ファイル」から「CSV」を選びます。

Step02

操作メニューから「新規作成」を押下すると下記画面が起動します。
起動しましたら、出力するCSV定義としてIDを決め、変換する項目名を指定します。
※今回はデータ加工はせずに、コードの変更だけですので入力ファイルと同じ項目を設定します。

Step03

情報入力が終わり、「適用」ボタンを押すと下記画面のようにCSVの定義が追加されます。

Step04

「ファイル」から「フォーマット」を選びます。

Step05

操作メニューから「新規作成」を押下すると下記画面が起動します。
入力データのフォーマットになりますので、画面を参考に「バイト数」「項目タイプ」を設定します。

Step06

次に画面下部にある設定ボタンを押下すると下記画面が開きます。
ゾーン部を「F」と設定し、「OK」ボタンを押下します。

Step07

情報入力が終わり、「適用」ボタンを押すと下記画面のようにフォーマットの定義が追加されます。

Step08

以上で入出力のフォーマット(CSV)設定は完了しました。

Step09

次に変換処理の作成になります。タブボタンより「データ加工」を選択後、新規作成ボタンを押下して下記画面を開きます。

Step10

「入力」ボタンをダブルクリックし、先ほど作成した入力フォーマット定義と、入力ファイルを指定します。

Step11

入力データの文字コードを指定します。

Step12

設定が終わり「OK」ボタンを押下すると下記画面が表示されます。
今回は全レコードを対象としています。デフォルトの「すべてのレコード」のままとします。

Step13

入力ファイルと抽出条件が作成されました。

Step14

次は出力データです。「出力」ボタンをダブルクリックします。
先ほど作成したCSV定義を指定し、出力先をファイル名まで指定します。

Step15

次に変換後のデータとしまして「SHIFT-JIS」を選択します。

Step16

設定が完了すると、出力データの情報が下記画面のように登録されます。

Step17

抽出条件からマウスでドラックによる線を引き、出力ファイルにつなげます。

Step18

下記メッセージが出ますが「はい」を選択します。

Step19

この操作により、入力データのフォーマットと、出力データのCSVが項目単位で結びつきました。

Step20

設定が保存されると、下記図のようになります。

Step21

「実行ボタン」を押下すると、下記画面が表示されます。今回はこの画面を使用せずに対応できるためそのまま「実行」ボタンを押下します。

Step22

処理が正常に動作すると下記のメッセージが出ます。エラーの時は出力されるコードから、原因を取り除いてください。

Step23

出力先として指定したURL「C:\work\SAMPLE\outputdata\」を確認してください。
「sample001_out」ができているはずなので、メモ帳などで中身を参照し変換結果を確認してください。

さいごに

画面項目や設定値の全てを解説したわけではありませんが、データ変換するための操作イメージはつかめましたでしょうか?
また、実際に操作してみた方はうまく変換できたでしょうか。

今回試した文字コード以外のデータであっても、変換前と変換後のデータタイプを正しく選ぶことで対応できます。
正直、プログラムなどで1から開発するより断然早いと思います。
データ変換のための正しい知識を持ち合わせていなくても、なんとなく使えてしまったのではないかと思います。

以上で第二回目の連載といたしますが、いかがでしょうか?
次回は「実践!データ変換」
まずは実際にDataMagicを使用し、データの変換を行います

サンプルデータ

サンプルデータはzip形式での提供となります。解凍してからご利用ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント