2017.12.04 | ORANGE × RED MIX-UP NIGHT レポート(2017.11.17開催)

OrangeLab. 運営チーム
作成日時: - 更新日時:
Avatar

こんにちは、HULFT OrangeLab.運営チームです。

2017年11月17日(金)、赤坂インターシティAIR 1F「ベルジアン ブラッスリー コート アントワープ ポート」にて、 「dstn」 と 「HULFT OrangeLab.」 の2回目のコラボイベント「ORANGE × RED MIX-UP NIGHT」が開催されました!

当日は多くの参加者の皆様と、HULFTやDataSpider各製品開発者も参加し、とても有意義な時間を過ごすことができました。改めまして御礼を申し上げます。ありがとうございました!!

今回は「HULFT DAYS」と同日開催ということで、関係者内では通称「URAFT(裏フト) DAYS」と呼ばれていた本イベント。
内容はHULFT DAYSになぞらえながら、そちらで取り上げられた製品について開発者直々に製品紹介LTをしてもらったり、パネルディスカッションで開発者の熱い想いを語り合って頂いたり…と、技術者向けコミュニティならではの会になったのではないでしょうか。

本記事では、そのイベントの内容を写真と共にダイジェストでレポートさせていただきます。
当日参加できなかった方には雰囲気だけでも感じ取って頂けたら幸いです!
 

イベント会場はベルギービールが美味しいビアパブ!!

2017年9月29日(金)にオープンしたばかりの赤坂インターシティAIR。
その1Fにベルギービールの美味しいお店が入っているとの噂を聞きつけ、担当者が下見に行ったところビールがそれはもう美味しい!
ということで、こちらのお店を貸し切って今回のイベント開催が決定致しました。
▲ 
100年前のベルギーのビアカフェを再現しているそうで、雰囲気がとってもオシャレ。
クリスマスが近付いてきていることもあり、店頭にはリースが飾ってありました!
 

司会進行

前回に引き続き、ORANGE × RED MIX-UP NIGHTの司会進行役は、セゾン情報システムズの脇野が引き受けてくれました。
また、今回は技術面の内容も多いことから、アプレッソ開発部からもう一人、土岐にも司会進行して頂きました!
(ファシリテーター的な役割もしつつ、LTとディスカッションにご参加頂きました!ありがとうございます!)

▲ ほぼぶっつけ本番にも関わらずスムーズに進行していただいたお二人、流石です

▲ 会場はこんな感じ。和やかに弾む技術トークで各所盛り上がっています。
※今回ご参加頂いた皆様には、撮影時に許可を頂きWeb掲載しております。

Drink & Food

本イベントでは受付の際にドリンクチケット(4枚綴り)を配布し、カウンターでチケットを渡してビール等のドリンクと引き換えるシステムでドリンク提供させて頂きました。無料で提供されたビールの種類は全部で3種類、どれもとっっっても美味しかったです!!

▲ カウンターに置かれたドリンクメニュー。チケットを2枚渡すとなんとLサイズに!!

▲ 立食形式のビュッフェのお料理、どれも美味しかったです…!話しながらも皆さんどんどん召し上がってました!

「ORANGE × RED MIX-UP NIGHT」開始!

17:30をまわったところで、HULFT DAYS終了と同時にORANGE × RED MIX-UP NIGHT受付開始です!!

▲ 入口ドアに貼られた案内ポスター。会場はこちらです!

プログラムについては下記の通り進行させて頂きました!↓↓
時間 プログラム 内容
17:30~18:00 受付  
18:00~18:05 開始の挨拶  司会進行の脇野より諸注意と開始の挨拶
18:05~18:20 Ultra Lightning Talk テーマ「どんな製品をどのように作っているか?」
(HULFT IoT, Bird's Eye View, DataSpider Servista)
18:20~18:50 パネルディスカッション テーマ「"つなぐ"製品をどう"つくる"か?」
18:50~20:00 フリートーク  

HULFT DAYS終わりで続々と参加者の皆さんと開発部の面々が会場へ。
事前申し込み頂いた方は殆どスタート時間前に揃い、乾杯を待つばかり!
18時を過ぎたところで、早速開始の挨拶並びに乾杯は脇野が担当しました!

▲ 背中側からで失礼!皆さんビール片手に乾杯!!

さぁ、いよいよORANGE × RED MIX-UP NIGHT開幕です!!

Ultra Lightning Talk

まず最初は「Ultra Lightning Talk」。
普段、HULFT DAYSのようなイベントや営業といった最前線にはなかなか立つ機会が多くない開発部の皆さん。
正に現場で開発しているTHE 技術職の皆さんに、開発者の視点で製品の紹介と実際に開発しているチームのことを教えてもらっちゃおう!という趣旨のLTをして頂きました。

▲ 今回LTでご紹介頂いたのは DataSpider Servista・HULFT IoT・Bird's Eye View の3製品です!!

DataSpider Servista

まずトップバッターを飾ってくれたのは司会兼任の土岐!(会場内が暗かったためお顔が見えづらくてすいません…!)

「Ultra Lightning Demo」と称して実際の画面も映しながら、製品について・機能についてはもちろん、実際に開発でどんなことをしているのか、どのような開発手法を取っているのか、と開発現場の裏側のリアルなお話を聞くことができました!

HULFT IoT

続いて、最近何かと話題のHULFT IoTについて語る担当の大竹。

比較的新しい製品なので皆さん興味津々の様子で、丁寧な製品説明にじっと聞き入っていました…!
開発メンバーの男女比や使用言語比等も紹介しつつ、「HULFT IoTはチームも製品も日々レベルアップできるよう頑張ってます!」のメッセージで締めてくださいました。

Bird's Eye View

LTラストはBirds's Eye Viewについて淡々とですが、心熱く語った原田。

まだこちらリリース前の製品ですが、早くリリースしたくてうずうずしている開発の皆さんの気持ちが伝わるLTでした!実際に製品を触れる日が来るのが楽しみです!!(写真右側は誰もいない開発現場の写真だそうです。笑)

パネルディスカッション

Ultra Lightning Talkの次はパネルディスカッション!
先ほどLTをしてくれた3名に加え、HULFT開発経験も豊富な樋口を始め、各製品開発に携わっている参加者も巻き込みながら、いくつかのお題についてディスカッションして頂きました。
折角各製品の開発部から代表者に来て頂いたので、開発者の想いを引き出すためにこんなお題でお話して頂きました!
  • 「ここを使ってほしい!」製品価値の自慢ポイント
  • 「こういうところが凄い!」技術の自慢ポイント
  • 「製品をこうしたい!」今後の製品開発ビジョンについて
それぞれの観点から担当製品の自慢やこれからの展望、そして何より一番印象に残ったのは、Bird's Eye Viewの「リリースしたい」が切実でした…!笑

改めて乾杯!

遅れていらっしゃった方や、HULFT DAYS終わりで撤収を行っていたメンバ等も合流し、パネルディスカッションが終わったタイミングで改めて乾杯!!

司会の脇野がドヤ顔で持っているのは、特別に用意してもらった大きいボトルの黒ビール!!
セゾン情報システムズのオフィス引越し祝いも兼ねてということで、ベルギービール「CHIMAY BLUE」をご用意頂きました。
改めて店長さん並びにスタッフの方々、お店を使わせて頂きありがとうございました!!

まとめ

dstnとの二度目の合同イベント、如何でしたでしょうか?
予想以上に多くの方にご参加頂き、そして楽しい時間を過ごして頂けたようで運営チーム一同大変嬉しく思います。
今後もイベントの企画がありますので、今回参加できなかった方も是非次回以降参加してもらえたらなと思います!

▲ 最後に全員で記念撮影。恒例行事にしていきたいですね!
※今回ご参加頂いた皆様には、撮影時に許可を頂きWeb掲載しております。


最後に、参加者の皆さま、スタッフの皆さま、どうもお疲れ様でした!

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント