第6回:20年超のノウハウが結集!知っておきたいHULFT Scriptテンプレートの魅力

OrangeLab. 運営チーム
作成日時: - 更新日時:
Avatar
「製品を知る」シリーズ:HULFT Script第6回!
データ転送の前後に必要な処理を、ノンプログラミングで開発できるHULFT Script。GUIで簡単にスクリプトが作れるのはもちろん、ダウンロードするだけで手軽に使えるテンプレートが豊富に揃っているのも大きな魅力です。また、テンプレートは次々に追加されており、利用できる場面はますます広がっています。
今回は、HULFT Scriptテンプレートの特徴と、HULFT Scriptテンプレート基礎編に含まれる13種類の概要をご紹介します。

 

1. HULFT Scriptテンプレートとは?見逃せない3つの特徴 

こんにちは。HULFT OrangeLab. 運営チームの村上です。

ファイル転送ツールで14年連続国内シェアNo.1を誇るHULFT。
オプション製品のHULFT Scriptを使うと、ファイル転送の前後に必要なさまざまな処理を、GUIで簡単に作成できます。 言語スキルがなくても直感的に使えて、仕様書も自動生成できるため、生産性の向上や、運用の可視化に役立ちます。

HULFT Scriptの魅力のひとつが、標準で用意されているテンプレートです。 テンプレートとは、どの企業でもよくある前後処理のパターンを、サンプルスクリプトとしてまとめたもの。 ダウンロードするだけで適用できるので、開発コストを飛躍的に削減できます。

テンプレートの主な特徴は、次の3つです。

<特徴1>20年以上蓄積されたHULFTのファイル転送のノウハウが結集

データ連携で20年以上にわたる歴史と実績を持つHULFT。
テンプレートには、その長い運用経験から培われたデータ転送のノウハウがつまっています。 各処理に必要な手順があらかじめ組み込まれているので、設計漏れや考慮漏れの心配がありません。 信頼性の高いスクリプトをスピーディに実装できます。

<特徴2>開発不要!ダウンロードするだけで利用OK

テンプレートは、ダウンロードするだけで導入できます。そのため、開発にかかっていた工数を大幅に圧縮でき、生産性が飛躍的にアップします。
※ダウンロードは、ページ下部「HULFT Scriptをお持ちの方は」をご参照ください。

<特徴3>ニーズに合わせて柔軟なカスタマイズが可能

テンプレートをベースに、カスタマイズしてスクリプトを生成することも可能です。 技術者のスキルに関わらず、業務運用にマッチするスクリプトを短時間で作成できます。

こうした特徴を併せ持つHULFT Scriptテンプレートの活用により
  • 開発期間の短縮
  • 運用コストの抑制
  • 生産性の向上
  • 設計漏れや考慮漏れの防止
  • バッチスクリプトの品質確保
  • 属人性の解消
といった多くのメリットが期待できます。

2. HULFT Scriptテンプレート基礎編に含まれる13種類の概要 

テンプレートをベースに、カスタマイズしてスクリプトを生成することも可能です。技術者のスキルに関わらず、業務運用にマッチするスクリプトを短時間で作成できます。
ダウンロード名称 Template_Basic_WIN_01
Template_Basic_UX_01
※ HULFT Script ServerのOSに合わせてお選びください。

(1)フォルダ配下全ファイル転送要求

フォルダ内にある全ファイルについて、1件ずつHULFTに配信をリクエストします。

(2)指定ファイル配信要求

ファイルの作成・更新が確認できるたびに、HULFTに配信をリクエストします。

(3)HULFT再起動

HULFTのサービスを再起動します。

(4)HULFT起動

HULFTのサービスを起動します。

(5)HULFT停止

HULFTのサービスを停止します。

(6)制限時間と起動処理中断

処理に制限時間を設け、オーバーした場合は処理を中断し、例外としてログ出力します。

(7)日時付きファイル名に圧縮

指定したファイルやフォルダを、ファイル名に日時をつけてZIP形式で圧縮します。

(8)業務時間帯判定

現在時刻から、業務時間内かどうかを判定し、サービス提供可否を判断します。

(9)指定日以前ファイル削除

指定フォルダ内の、指定日時以前のファイルを削除します。

(10)ファイル圧縮とメール添付送信

配信ファイルや集信ファイルを圧縮し、メール添付で送信します。

(11)転送異常のメール通知

転送異常が発生したときに、メールで通知します。

(12)ファイル圧縮と過去ファイル削除

HULFTによるファイル転送が完了したら、配信ファイルや集信ファイルを圧縮します。併せて、同フォルダ配下の一定期間経過ファイルを削除します。

(13)HULFT集信ファイルをFTP転送

集信成功 かつ データサイズが0より大きい場合に、集信ファイルをFTPで転送します。その後、FTP転送した旨のメッセージを編集し、ログファイルへ出力します。

3. まとめ

今回は、HULFTのオプション製品HULFT Scriptに標準で用意されているテンプレートの特徴と、利用するメリット、 HULFT Scriptテンプレート基礎編に含まれる13種類のテンプレートの概要をご紹介しました。

HULFT Scriptでは、このようなテンプレートが次々と追加されておりますが、2016年12月にリリースされた新たなテンプレートによって、活用シーンがいっそう広がりました。 次回以降の記事では、新しいテンプレートの機能や活用方法をご紹介します。どうぞご期待ください。

HULFT Scriptをお持ちでない方

HULFT Scriptは評価版もございます。
評価版をダウンロードいただき、今回の記事をご活用のうえ、インストールいただければ幸いです。



※HULFT-ScriptはHULFT8のオプション製品のため、「HULFT Script Optionを含む」を選択してください。
※評価版は無償で60日間ご利用いただけます。

HULFT Scriptをお持ちの方は

今回ご紹介したテンプレートは下位のサイトからダウンロードできます。是非お試しください。

HULFT Script テンプレートダウンロード

下記リンク先の「myHULFT」にログイン後、「製品情報」> 「ツール/サンプル/ベータ版」> 絞り込み「テンプレートスクリプト(HULFT Script)」よりダウンロードいただけます。



「テンプレートスクリプト(HULFT Script)」ダウンロード後、「HULFT Script Studio」へのテンプレート導入手順は下記リンク先のページをご参照ください。

>導入手順はこちら
この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント