HULFT Script テンプレートを導入したい

OrangeLab. 運営チーム
作成日時: - 更新日時:
Avatar
HULFT Script テンプレートをお持ちでない方は、下記のサイトからダウンロードできます。是非お試しください。


上記リンク先の「myHULFT」にログイン後、「製品情報」> 「ツール/サンプル/ベータ版」> 絞り込み「テンプレートスクリプト(HULFT Script)」よりダウンロードいただけます。

はじめに

こんにちは、HULFT OrangeLab. 運営チームの澤口です。
このページでは、HULFT Scriptのテンプレートの導入手順をご紹介します。

HULFT Script テンプレートのインポート方法

アーカイブファイルの展開

入手したテンプレートの圧縮ファイルを、任意のローカルパスに展開します。
ZIPファイルによって、インポート方法が異なりますのでご注意ください。

ダウンロード名称 内包されるZIPファイル名 対応するインポート方法
Template_Basic_01 HS_TEMPLATE_BASIC_JP.zip コントロールパネルからインポート
ErrorHandling_01 Template_Error_Handling_01.zip マイプロジェクトからアップロード
Template_Error_Handling_01_trigger.zip コントロールパネルからインポート
Integrates_and_Splits_01 Template_Integrates_and_Splits_01.zip マイプロジェクトからアップロード
Compression_and_Decompression_01 Template_Compression_and_Decompression_01.zip マイプロジェクトからアップロード
Queuing_01 Template_Queuing_01.zip マイプロジェクトからアップロード
Template_Queuing_01_trigger.zip コントロールパネルからインポート
Backup_01 Template_Backup_01.zip マイプロジェクトからアップロード

※ テンプレートスクリプトのディレクトリ構成は、付属の readme をご確認ください。

コントロールパネルからインポート

  1. HULFT Script Studioのコントロールパネルを開き、
    [HULFT Script Serverの設定] - [サーバ移行]タブを選択し、[設定のインポート]をクリックします。

  2. HULFT Script Server設定のインポートダイアログで以下を設定し、「次へ」をクリックでインポートします。
    • 「インポートするファイル(ZIP形式)」で インポートするZIPファイル を選択
    • 「トリガーを次の状態としてインポート」で"無効"を選択

  3. 「インポートに成功しました。」というメッセージが表示されれば完了です。

    【注意】
    • 同名のトリガーが存在した場合は、既存のトリガーに上書きされます。
    • 既にプロジェクトが存在する場合は、「プロジェクトの差分インポート」を選択してください。
      プロジェクトが存在する状態で「プロジェクトの差分インポート」を選択しなかった場合、既存のプロジェクトがすべて削除され、指定したプロジェクトがインポートされます。

マイプロジェクトからアップロード

  1. マイプロジェクトの[ファイル] - [ローカルからアップロード]で
    アップロードしたいZIPファイルを選択します。

  2. マイプロジェクトの一覧に、インポートしたスクリプトが表示されれば完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、テンプレートの導入という基本的な操作の説明でした。
ぜひ他のページも参考にしていただき、お客様の運用に少しでも役立てていただければと思います。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント