第5回:簡単な中継処理ならプログラミングレスで作りましょう!

OrangeLab. 運営チーム
作成日時: - 更新日時:
Avatar
「製品を知る」シリーズ:HULFT Script第5回!
サーバ間のデータを連携する場合、従来からファイル転送でデータ交換が行われてきました。 特に異機種間でのファイル転送の場合にはHULFTは有効な手段としてご利用いただいております。 しかし、システムが拡張することに従い、サーバ間のデータ連携は広域になり、セキュリティの制約などで直接、 ネットワークがつながっていないサーバ間同士でもファイル交換する必要が多々あります。 そのような場合、直接の接続ができないため、中継サーバや踏み台のサーバを利用してファイル転送を行います。 また、他システムや外部企業からの接続ポイントを一つにするため、ゲートウェイサーバを用意して、 そこを経由してのデータ連携を利用するケースも多いです。
本TIPSでは転送の中継でHULFT Scriptを有効活用する方法をご紹介します。


中継と蓄積、順序制御 

こんにちは。HULFT OrangeLab. 運営チームの村上です。
中継をする場合、異常時の対処やリカバリを考慮すると、蓄積や順序制御の機能も必要となります。 その場合は蓄積機能を持ち、順序制御も可能なHULFT-HUBを利用することで、よりセキュアなデータ連携が実現できます。 本TIPSでは簡易的な中継処理に焦点を当て、HULFT Scriptでの実現方法を紹介します。 蓄積や順序制御まで含めた中継処理の実現にはHULFT-HUBをご検討ください。
 

HULFT Scriptでの実現方法 

ゲートウェイ・中継サーバにHULFTおよびHULFT Scriptを配置することで、HULFTやFTPの転送の受信や送信を自動化することが可能となります。


ゲートウェイ・中継サーバで中継処理を実現するには以下の処理を実装する必要があります。 
 

受信(集信)

受信についてはHULFTの場合は集信管理情報に定義します。FTPの場合はHULFT ScriptのFTPサーバ機能の設定をします。

送信(配信)

送信についても受信と同様で使用するプロトコルに応じてそれぞれ設定を行います。 1HULFTの場合は配信管理情報に定義し、HULFTの配信要求を実行するスクリプトを作成します。 FTPの場合はFTPの[更新]アイコンでFTP送信用のスクリプトを作成します。


左がHULFTで右がFTP

受信トリガ/振り分け

受信トリガはHULFT Scriptのトリガ機能を使って、設定します。 トリガ種別はHULFT Scriptトリガ、FTPトリガをそれぞれ作成し、設定します。 テンプレートにサンプルのトリガが同梱されているので、参考にしてください。


左がHULFTで右がFTP
  
振り分けについては振り分ける条件をトリガの条件設定に指定します。 HULFTであれば、ファイルIDで振り分けることや送信元のホスト名で振り分けることが可能です。 FTPの場合はファイルパスで振り分け先を判定します。振り分け条件ごとのトリガを作成し、 その条件に一致したものはトリガが発火します。発火して起動するスクリプトに送信(配信)で作成したスクリプトを設定します。  

一連の動作

受信(集信)処理を振り分け条件ごとに作成したトリガで監視し、条件に一致した受信処理を検知するとトリガが発火し、 送信(配信)のスクリプトが自動で実行されます。  

補足

単純に右から左へ中継するのではなく、ゲートウェイ・中継サーバでちょっとした処理を実施したい場合があります。
例えば、SFTPでの配信規則でファイル名に配信日時を入れなければいけないといった要件や受信ファイルはバックアップフォルダへコピーした上で配信するなど、ちょっとした処理を要する時、 HULFT ScriptでGUIのアイコンを配置するだけで処理を実装することができます。

 

最後に

HULFT Scriptをお持ちでない方

今回は中継処理について紹介しました。

HULFT Scriptは評価版もございます。
評価版をダウンロードいただき、今回の記事をご活用のうえ、インストールいただければ幸いです。



※HULFT-ScriptはHULFT8のオプション製品のため、「HULFT Script Optionを含む」を選択してください。
※評価版は無償で60日間ご利用いただけます。

HULFT Scriptをお持ちの方は

今回ご紹介したテンプレートは下位のサイトからダウンロードできます。是非お試しください。

HULFT Script テンプレートダウンロード

下記リンク先の「myHULFT」にログイン後、「製品情報」> 「ツール/サンプル/ベータ版」> 絞り込み「テンプレートスクリプト(HULFT Script)」よりダウンロードいただけます。

 


「テンプレートスクリプト(HULFT Script)」ダウンロード後、「HULFT Script Studio」へのテンプレート導入手順は下記リンク先のページをご参照ください。

>導入手順はこちら
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント