実践!HULFT定義一括登録

OrangeLab. 運営チーム
作成日時: - 更新日時:
Avatar

使用ソフトウェア:DataMagic for Windows Ver.3.0.0(コード変換・オプション for Windows)
DataMagicを使用してHULFTの転送定義を加工するスクリプトをご紹介します。
※Ver.2.2.2のDataMagicについては、次の記事をご参照ください。
 (記事内容に大きな差異はありません。
  Ver.3.0.0のインタフェースに沿った操作手順とスクリーンショットにて、再度ご紹介しています。)
 DataMagic 実践!HULFT定義一括登録編(Ver.2.2.2)

はじめに

こんにちは、メディアフォースの佐渡です。

HULFTでファイル転送を行うには、各管理情報の登録が必要です。
そして、それら管理情報は、利便性からEXCEL(CSV)ファイルで管理されるケースが多数を占めると思います。

HULFTには、管理情報バッチ登録コマンドという各管理情報の登録や変更を行うコマンドが用意されていますが、そのコマンドでは、形式に沿って記載されたテキストファイルをパラメータファイルとして指定します。
もちろん、EXCEL(CSV)ファイルをそのまま使用することは出来ません。

そこで、EXCEL(CSV)ファイルからパラメータファイルに変換する必要がでてくるのですが、やはり人手を介して変換していることが多いのではないでしょうか。
このような場合、DataMagicを使用していただければ、EXCEL(CSV)ファイルからパラメータファイルに簡単に変換することが可能です。

今回は、CSVファイルからHULFTの「配信管理情報」パラメータファイルを作成するサンプルをご紹介します。

 

事前準備

まずは、変換元となるCSVデータを用意します。

サンプルデータ(in.zip)

上記サンプルデータを「C:\work\SAMPLE17\」に格納してください。("in"というファイル名で保存)
※今回はサンプルデータとして、HULFTの管理情報のうち「配信管理情報」を用意しました。


また、下記のスクリプトファイルをダウンロードし、サンプルデータと同じ「C:\work\SAMPLE17\」フォルダに格納してください。
(“sample17.igen”というファイル名で保存)

サンプルスクリプト(igen17.zip)

 

使用手順

Step01

下記画面に従い、ダウンロードしたスクリプトファイルをDataMagicに取り込みます。

スタートページから「管理情報インポート」を選択し、ダウンロードしたサンプルスクリプト「sample17.igen」をインポートします。

Step02

スタートページから「データ加工」を選択し、データ加工情報一覧画面を起動します。

画面が起動したら、Step01で登録した「SAMPLE17」というデータ加工情報IDをダブルクリックします。

Step03

データ加工情報設定画面にて、入力設定および出力設定のファイル名が正しく設定されていることを確認します。
・入力設定のファイル名:C:\work\SAMPLE17\in
・出力設定のファイル名:C:\work\SAMPLE17\out

Step04

データ加工情報設定画面上部の「実行」をクリックし、データ加工実行画面を起動します。

Step05

データ加工実行画面が起動したら、そのまま「実行」ボタンをクリックします。

Step06

出力データ格納先として指定した「C:\work\SAMPLE17\」を確認してください。

「out」というファイルが出力されているので、メモ帳などで中身を参照し、結果を確認してください。

 

さいごに

いかがでしたか?

今回はHULFTの管理情報のうち「配信管理情報」について変換を行いましたが、
その他の管理情報(「集信管理情報」「詳細ホスト情報」「転送グループ情報」等)もDataMagicを利用することで、簡単に変換が行えます。

サンプルを参考にしていただき、その他の管理情報変換の作成にもチャレンジして頂ければと思います。

 

DataMagic評価版のダウンロード

DataMagic評価版は「my HULFT」からダウンロードできます。
DataMagic評価版のインストール

〔注意事項〕
  • 「my HULFT」を利用するには、別途「my HULFT」へのユーザ登録が必要となります。詳細については、「my HULFT」ページをご覧ください。
  • DataMagicの利用にあたっては、DataMagic本体のほか、GUIツールであるDataMagic Managerのインストールが必要となります。なお、DataMagic ManagerはDataMagic本体に付属しています。

〔インストール方法〕
DataMagicとDataMagic Managerのインストール方法については、以下のページをご参照ください。
DataMagicのインストール方法
DataMagic Managerのインストール方法

 

サンプルデータ

サンプルデータはzip形式での提供となります。解凍してからご利用ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント